.NET CF アプリケーションからデバッグメッセージ出力.NET CF アプリケーションとカーネルランドを一緒にデバッグ(2/2)

.NET CF アプリケーションとカーネルランドを一緒にデバッグ(1/2)

2012/04/03 koga

今回は、マネージドコードのアプリケーション、つまり、.NET CF のアプリケーションとカーネルランドを、Ethernet 経由で一緒にデバッグする方法を説明します。「一緒にデバッグする」というのは、”「同時にデバッグする」ことはできないが、アプリケーションデバッガとカーネルデバッガを各々動かすことにより、アプリケーションとカーネルランドを、それぞれのデバッガでデバッグする”という意味です。

皆さんご存じの通り、ネイティブコードのアプリケーションの場合には、アプリケーションもカーネルランドも、どちらもカーネルデバッガでデバッグできます。たとえば、アプリケーションからデバイスドライバを呼び出した場合、デバイスドライバのソースコードにブレークポイントを設定してブレークした時、アプリケーションからデバイスドライバまでのコールスタック(「呼び出し履歴」)を見ることができます。アプリケーションがデバイスドライバを呼び出す場合、システムコールを経由しますが、カーネルデバッガは、その経路を把握して、あたかも通常の関数呼び出しのように、コールスタックを表示してくれるのです。僕は、このように、一つのデバッガだけでアプリケーションとカーネルランドをデバッグすることを指して「同時にデバッグする」と表現しています。

一方、マネージドコード(.NET CF)のアプリケーションの場合には、一つのデバッガだけでアプリケーションとカーネルの両方をデバッグすることは、できません。アプリケーションのデバッガとカーネルデバッガを各々動かす必要があるのです。このことを指して、ここでは「一緒にデバッグする」と表現します。

■Ethernet 経由でのアプリケーションデバッガ接続
Ethernet 経由で WinCE/WEC のアプリケーションデバッガを接続する場合は、ActiveSync は使用しません。ActiveSync は、2005年にリリースされた 4.0 から TCP/IP 接続をサポートしていませんから、使えないのです。ActiveSync を使わずに、TCP/IP で WinCE/WEC に接続する手順は、Visual Studio のリファレンスのページで説明されています:

 How to: Connect to Windows CE Device Without ActiveSync
 http://msdn.microsoft.com/en-US/library/ms228708(v=vs.90).aspx

上のページは、Visual Studio 2008 のリファレンスです。日本語の説明を読みたい場合は、Visual Studio 2005 ですが、ユニダックス社の「CE6.0 技術情報」に日本語の説明があります:

 11. アプリケーションのリモートデバッグ
 http://www.unidux.co.jp/embedded/techinfo/ce6/000437.php

上のページで説明されているように、Visual Studio に付属している次の5つのファイルを、WinCE/WEC の /Windows ディレクトリへコピーして、Visual Studio のデバイス設定を行うことにより、TCP/IP でアプリケーションデバッガを接続できます。

 Clientshutdown.exe
 ConmanClient2.exe
 CMaccept.exe
 eDbgTL.dll
 TcpConnectionA.dll

WEC 7 で、AMR9 コアの CPU のボードに接続する場合ですと、上記のファイルは、次の場所にあります。

 C:\Program Files\Common Files\microsoft shared\CoreCon\1.0\Target\wce400\armv5\

これらのファイルを、WinCE/WEC が起動した後に、/Windows ディレクトリに USB メモリなどを使ってコピーするか、または、OS Design の project.bib ファイルを編集して OS イメージに組み込めば、使えます。

または、OS Design のカタログ項目で、”Target Control Support(Shell.exe)” か “Release Directory File System” を選択している場合は、Flat Release Directory(環境変数 _FLATRELEASEDIR が指すディレクトリ)に上記5つのファイルを置いても、使えます。Target Control Support を有効にしてカーネルデバッガを使っている場合には、これが一番お手軽でしょう。

■OS Design から作った SDK との関連づけ
マネージドコードのアプリケーションも、ネイティブコードのアプリケーションも、WinCE/WEC のアプリケーションは、Visual Studio の「スマートデバイス」プロジェクトで作成します。それらのアプリケーションをデバッグする場合は、上で紹介したページで説明されている手順で、WinCE/WEC と接続する必要があります。

Visual Studio 2008 日本語版と WEC 7 の場合ですと、以下のような手順になります。

  1. 上記の5つのファイルを、WEC 7 の /Windows ディレクトリへコピーする。
  2. WEC 7 を DHCP 有効で動かしている場合は、コマンドプロンプトで ipconfig を実行して、WEC 7 の IP アドレスを調べる。
  3. Visual Studio 2008 の [ツール] > [オプション...] メニューを選択し、「オプション」ダイアログを開く。
  4. 「オプション」ダイアログの左端にあるツリービューで、[デバイスツール」を展開し、その下にある「デバイス」を選択する。
  5. 「オプション」ダイアログの右端に表示された「デバイス」画面にある、「デバイス(V):」というリストボックスから、アプリケーションのビルドに使った SDK のデバイスを選択する。
  6. 「デバイス(V):」リストボックスの右側にある「プロパティ」ボタンをクリックして、選択したデバイスのプロパティダイアログを開く。
  7. プロパティダイアログの「トランスポート(R):」というドロップダウンリストから、「TCP 接続トランスポート」を選択する。
  8. 「トランスポート(R):」ドロップダウンリストの右側にある「構成(C)...」ボタンをクリックして、「TCP/IP トランスポートの構成」ダイアログを開く。
  9. 「TCP/IP トランスポートの構成」ダイアログにある二つのラジオボタンのうち、「特定の IP アドレスを使用(S):」を選択する。
  10. 「特定の IP アドレスを使用(S):」の下にあるエディットフィールド兼ドロップダウンリストに、WEC 7 の IP アドレスを入力して設定する。
  11. 「TCP/IP トランスポートの構成」ダイアログ、プロパティダイアログ、および「オプション」ダイアログの OK ボタンを順にクリックして、設定内容を確定する。
  12. WEC 7 で、ConmanClient2.exe と CMaccept.exe を順に実行する。
  13. Visual Studio 2008 の [ツール] > [デバイスへの接続...] メニューを選択する。

■ターゲットボードとホスト PC を直結する場合
さて、上の手順では、WinCE/WEC を DHCP 有効で動かしている場合(デフォルトでは、DHCP 有効です)、WinCE/WEC を起動するたびに IP アドレスを調べて Visual Studio の「TCP/IP トランスポート構成」の設定に反映しなければいけません。DHCP 有効ではなく、固定 IP アドレスで動かせば、WinCE/WEC を起動するたびに設定する必要がなくなり、少しだけ手間を減らせます。

あるいは、WinCE/WEC とホスト PC をハブ経由で接続せず、クロスの Ethernet ケーブル(*)で直接接続する場合は、DHCP サーバにアクセスできませんから、WinCE/WEC とホスト PC 共に、固定 IP アドレスを割り当てる必要があります。

※最近のネットワークインタフェースは、ストレートの Ethernet ケーブルで直接接続しても、自動認識してくれるものが多くなっています。従って、WinCE/WEC とホスト PC を Ethernet ケーブルで直接接続する際、クロスケーブルがなければ、ストレートケーブルで接続しても大丈夫な場合があります。手元にクロスケーブルがない場合は、試してみて下さい。
 なお、Ethernet 経由でリモートデバッグする場合、WinCE/WEC とホスト PC をハブ経由で接続するよりも、直接接続する方が、一般的には通信速度が上がりますので、より快適にデバッグできます。

Visual Studio を動かすホスト PC、つまり、Windows 7 や Vista/WindowsXP に固定 IP アドレスを設定する手順は、皆さんご存じだと思いますので、ここでは、WinCE/WEC に固定 IP アドレスを設定する方法を述べます。

WEC 7 と WinCE 6.0 の IP アドレス設定のレジストリは、リファレンスの以下のページで説明されています:

 TCP/IPv4 Configurable Registry Settings (Windows Embedded Compact 7)
 http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee494881.aspx

 TCP/IPv4 Configurable Registry Settings (Windows Embedded CE 6.0)
 http://msdn.microsoft.com/en-US/library/ee494881(v=winembedded.60).aspx

上のページの中ほどにある、”Adapter-specific Values” という表を見て下さい。ここに、”EnableDHCP”, “DefaultGateway”, “IpAddress”, “Subnetmask” が載っています。これらのレジストリ項目を使って、WinCE/WEC に固定 IP アドレスを設定できます。レジストリキーは、これらのページに書かれている通り、
 [HKEY_LOCAL_MACHINE\Comm\<アダプタ名>\Parms\Tcpip]
です。たとえば、弊社が提供している Armadillo-400 シリーズ用の BSP であれば、以下の行を .reg ファイルに書いて OS イメージをビルドすると、クラス C の固定 IP アドレス 192.168.0.50 が設定されます:

[HKEY_LOCAL_MACHINE\Comm\FEC1\Parms\Tcpip]
    "EnableDHCP"=dword:0
    "DefaultGateway"="192.168.0.1"
    "IpAddress"="192.168.0.50"
    "Subnetmask"="255.255.255.0"


ここまでの設定は、Visual Studio のスマートデバイスプロジェクトのアプリケーションを Ethernet 経由でデバッグするための手順です。次に、今回の本題である、マネージドコード(.NET CF)のアプリケーションをカーネルランドと一緒にデバッグする方法を説明します。

■カーネルデバッガも一緒に動かす方法
今回の冒頭で、「.NET CF のアプリケーションとカーネルランドを一緒にデバッグするとは、アプリケーションデバッガとカーネルデバッガを各々動かすことにより、それぞれをデバッグすること」だと述べました。アプリケーションデバッガとカーネルデバッガを各々動かすというのは、どういうことかと言えば、Visual Studio を二つ起動して、一方でアプリケーションデバッガ、もう一方でカーネルデバッガを動かす、ということです。

以下に、もう少し具体的な手順を述べます。以下のようにすれば、アプリケーションデバッガとカーネルデバッガを各々動かして、.NET CF のアプリケーションとカーネルランドを一緒にデバッグできます。

  1. Visual Studio を起動して、OS Design のプロジェクトを開く。
  2. OS Design のプロジェクトをビルドしてできた OS イメージを、ホスト PC と Ethernet 接続したターゲットボードに転送し、カーネルデバッガを有効にして WinCE/WEC を起動する。
  3. Visual Studio をもう一つ起動して、デバッグしたいアプリケーションのプロジェクトを開く。
  4. 上で述べた手順を使って、アプリケーションのプロジェクトを開いた Visual Studio から WinCE/WEC に接続する。
  5. アプリケーションのデバッグを開始する。

このようにすれば、二つ起動した Visual Studio のうち、OS Design のプロジェクトを開いた方でカーネルデバッガが動き、アプリケーションのプロジェクトを開いた方でアプリケーションデバッガが動きます。なお、アプリケーションデバッガで設定したブレークポイントでアプリケーションが停止した場合、OS(WinCE/WEC)は動作し続けていますが、カーネルデバッガで設定したブレークポイントで停止した場合は、OS 全体が停止しますので、アプリケーションの動作も停止します。これは、アプリケーションデバッガとカーネルデバッガで違う点です。

以上で、アプリケーションとカーネルランドを一緒にデバッグする方法の説明は、一応終わりです。ただし、いくつか補足が必要なので、次回に続けます。もし、上の手順を試してみたが、アプリケーションデバッガとカーネルデバッガを一緒に動かせない、という方は、次回の説明もあわせて読んでみて下さい。

Entry Filed under: .NET Compact Framework, OS のコンフィグレーション, OS の内部動作, アプリケーション開発

Leave a Comment

Required

Required, hidden

Some HTML allowed:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


Categories

Links

Posts by Authors

Recent Posts

Calendar

2012年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

Posts by Month

Posts by Category

Meta