OS Design から生成した SDK インストーラの問題(日本語ロケール)WEC のネットワークフィルタドライバ(NDIS フィルタ)

IE 7 での日本語表示と AC3 フォント圧縮

2014/08/25 koga

2012/07/13 に書いたエントリ(「WEC 7 の Meiryo フォント」)で、「Meiryo フォントを OS イメージに組み込む場合は、カタログ項目の “Monotype Imaging AC3 Font Compression” を選択しては、いけません。」と書きました。この Monotype Imaging AC3 Font Compression は、Meiryo フォントを組み込まない場合にも注意が必要なケースのあることが分かりました。それは、IE 7 を組み込む場合です。

Monotype Imaging AC3 Font Compression を組み込んだ OS イメージで IE 7 を動かすと、日本語ページを表示する際に、IE 7 内部で例外送出が繰り返し発生し、表示までに長い時間を要したり、あるいは、日本語テキストが表示されない場合もある、という問題があるのです。この問題は、少なくとも ARMv5 と ARMv7 のプロセッサでは発生することを確認しています。僕自身は確認していませんが、x86 では発生しないようです。

IE 7 で日本語ページを表示する際、Monotype Imaging AC3 Font Compression を組み込んだ OS イメージでは、次のようなログが繰り返し出力されます:


  48706 PID:5d80026 TID:5de002e Exception 'Raised Exception' (0xe06d7363): Thread-Id=05de002e(pth=c04a20c0), Proc-Id=05d80026(pprc=c049c8b8) 'iesample.exe', VM-active=05d80026(pprc=c049c8b8) 'iesample.exe'
  48706 PID:5d80026 TID:5de002e PC=400512c8(coredll.dll+0x000412c8) RA=800956f0(kernel.dll+0x0000e6f0) SP=00148ad0, BVA=00148b0c

IE 7 で日本語ページを表示する際に、繰り返し例外送出が起きて表示に時間を要する、という問題は、以前にも経験していたのですが、その時は、原因が分からず、対策をとっていませんでした。先日、この問題に取り組む必要が生じ、あらためて追ってみたところ、ようやく、AC3 フォント圧縮(Monotype Imaging AC3 Font Compression)との因果関係が分かったのです。この問題に以前遭遇した際に、カーネルデバッガで追ってみた時の記憶では、上記の例外送出は、IE 7 内部で、フォントの表示幅を算出する処理で起きているようです。

以前に調べた時の記憶が正しければ、フォントの表示幅を算出する処理で例外送出が起きていますので、フォントデータへのアクセスで例外送出が起きている可能性があります。このことと、ARM プロセッサでは症状が発生し、x86 プロセッサでは症状が発生しないようだ、ということを考え合わせると、フォントデータへのアクセスで word alignment のとれていないデータ読み出しを行っている箇所があり、そこで例外送出が起きる、ということなのかも知れません。全くの憶測にすぎませんが、AC3 フォント圧縮されたフォントファイル(非圧縮の .ttc ではなく、圧縮版の .ac3)内のデータをアクセスする際に、圧縮によって word alignment のとれていないフィールドがあり、そこに対して整数値の読み出しを行おうとして例外送出が起きている、ということなのかも知れません。

なお、このような症状は、WinCE 6.0 では発生していませんでした。従って、WinCE 6.0 から WEC 7 への変更点の中に、要因があるのではないかと思われます。WinCE 6.0 から WEC 7 への変更点の中に、ARM コンパイラの強化があります。WinCE 6.0 までは、ARMv4 アーキテクチャの命令しか出力できなかったのが、WEC 7 では、ARMv5, ARMv6, ARMv7 をサポートしています(※最新メジャー版の WEC 2013 では、ARM コンパイラが再び変更され、ARMv7 のみのサポートとなったのは、皆さんご存知の通りです)。WEC 7 での ARM コンパイラの強化には、この他に、memcpy() や memset() が Intrinsic Function となった、というものがあります。これは、ARM コンパイラだけではなく、x86, ARM, MIPS 共通です。

memcpy() や memset() が Intrisic Function となった結果、これらの関数に渡す実引数の型次第では、byte 単位ではなく、word 単位でのアクセスが行われるようです。これは、一般的には高速化に役立ちますが、[unsigned ]short や [unsigned ]long、[unsigned ]int のポインタが実引数として渡され、かつ、実際には、そのポインタ値が、word alignment がとれていない場合(つまり、short のポインタ値が 2Byte 単位のアドレス境界に揃っていなかったり、long のポインタ値が 4Byte 単位のアドレス境界に揃っていない場合)、ARM プロセッサでは、例外送出が起きてしまいます。x86 では、例外送出は起きません。このような状況は、たとえば、可変長のヘッダを持つ通信パケットがあり、そのペイロードを構造体にキャストしてアクセスする場合に起こり得ます。もしかすると、IE 7 が AC3 フォント圧縮されたフォントファイル内のデータをアクセスする際に、そのようなことが起きているの *かも* 知れません。

WinCE 6.0 から WEC 7 への変更点には、コンパイラの強化の他に、IE の変更もあり、レンダリングエンジンの強化も行われていますから、コンパイラの違いが要因ではなく、レンダリングエンジンの変更が要因である可能性もあります。IE 7 のレンダリングエンジンのソースコードは開示されていませんので、真相は、Microsoft で調べてもらわなければ分かりません。

ともあれ、少なくとも現時点では、Meiryo フォントに加え、IE 7 とも、Monotype Imaging AC3 Font Compression を共存させてはいけない、ということが言えます。IE 7 と日本語フォントを OS イメージに組み込まれる方は、ご留意下さい。

■おまけ
WEC 7 のコンパイラの Intrinsic Function のうち、CPU アーキテクチャ共通のものについては、リファレンスの次のセクションに記載されています:

 Compiler Intrinsic Functions (Compact 7)
 http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee480143(v=winembedded.70).aspx

memcpy() や memset() は、次のページに載っています:

 Intrinsic Forms of CRT Functions (Compact 7)
 http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee479418(v=winembedded.70).aspx

Entry Filed under: OS のコンフィグレーション, 付属機能の使い方

Leave a Comment

Required

Required, hidden

Some HTML allowed:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


Categories

Links

Posts by Authors

Recent Posts

Calendar

2014年8月
« 2月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Posts by Month

Posts by Category

Meta